ホーム > 映画 > ALWAYS 三丁目の夕日 シリーズ

【キャスト】

吉岡秀隆/堤 真一/小雪/堀北真希/須賀健太/小清水一揮/小日向文世/もたいまさこ/三浦友和(特別出演)/薬師丸ひろ子 ほか 

【スタッフ】

原作:西岸良平「三丁目の夕日」(小学館 ビックコミックオリジナル連載中)/ 監督・VFX:山崎 貴
脚本:古沢良太・山崎 貴/音楽:佐藤直紀
制作プロダクション:ROBOT

【番組概要】

2005年11月に公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」は、異例のロングランヒットを記録し、日本アカデミー賞をはじめ各映画賞を総なめにしました。さらには再び日本に「昭和」ブームを巻き起こすなど「映画」という枠を超えた「社会現象」にまでなりました。その2年後には、続編を望む多くの声に応えて「ALWAYS 続・三丁目の夕日」が公開され、前作を上回る大ヒットとなり、日本中を再び感動の渦に巻き込みました。その5年後、「ALWAYS 三丁目の夕日'64」ではさらにスケールアップした“三丁目”ワールドを作り出しました。
原作は発行部数1800万部を超え、国民的コミックと呼ぶにふさわしい西岸良平氏による「三丁目の夕日」(小学館「ビッグコミックオリジナル」連載中)。単行本59巻分を含め、関連本の総発行部数が1800万部を超える大ベストセラーです。そして、監督は日本が誇るVFXの第一人者で、シリーズ全作を大ヒットに導いた山崎 貴監督。おなじみの“三丁目の人々”を演じるのは、吉岡秀隆、堤 真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、そして薬師丸ひろ子ら豪華キャストたち。三作目ではさらに個性豊かな新キャストも加わり、新たなキャラクターを演じます。
文字通り当時に“タイムトラベル”して、あの懐かしい町を訪れてください。

1話ずつ購入

  • ALWAYS 三丁目の夕日

    購入する

    ALWAYS 三丁目の夕日

    • 300pt
    • 133分
    • 7日間

    昭和33年、東京タワーが完成するこの年、東京下町の夕日町三丁目には、人情味あふれる住民たちがにぎやかに暮らしていました。そんなある日のこと、鈴木則文(堤 真一)と妻・トモエ(薬師丸

    昭和33年、東京タワーが完成するこの年、東京下町の夕日町三丁目には、人情味あふれる住民たちがにぎやかに暮らしていました。そんなある日のこと、鈴木則文(堤 真一)と妻・トモエ(薬師丸ひろ子)、息子・一平が暮らす自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子(堀北真希)がやってきます。ところが、立派な会社を期待していたらしい六子はどこか、がっかりした様子……。一方、何かと則文と反発しあう駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介(吉岡秀隆)。一杯飲み屋のおかみ・ヒロミ(小雪)に恋心を抱く茶川は、ひょんなことから、彼女の元に連れられてきた身寄りのない少年・淳之介の世話をすることに……。さて、六子が加わった鈴木家には何が起こるのでしょうか?さらに茶川と淳之介の奇妙な同居生活の行方は?夕日町三丁目の人々には、どんな未来が待っているのでしょうか...?

    >続きを読む

  • ALWAYS 続・三丁目の夕日

    購入する

    ALWAYS 続・三丁目の夕日

    • 300pt
    • 147分
    • 7日間

    昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度経済成長時代に足を踏み入れることになるこの年―。
    黙って去ってい行ったヒロミを想い続けながら、淳之介と暮らしていた茶川のもと

    昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本が高度経済成長時代に足を踏み入れることになるこの年―。
    黙って去ってい行ったヒロミを想い続けながら、淳之介と暮らしていた茶川のもとに、川渕が再び淳之介を連れ戻しにやって来ます。人並みの暮らしをさせることを条件に淳之介を預かった茶川は、安定した生活をするため、そしてヒロミに一人前の自分を見せるために、“芥川賞受賞”の夢に向かって純文学の執筆を始めます。一方鈴木オートには新しい家族が加わります。則文の親戚が事業に失敗したため、その娘の美加をしばらく預かることになったのです。美加を温かく迎え入れる則文、トモエ、六子。しかしお嬢様育ちの美加は、お手伝いさんのいない生活に少々戸惑い気味……。さらに宅間先生やタバコ屋のキンほか、おなじみの人々はもちろん、六子の幼なじみの中山武雄なども加わり、夕日町三丁目では、以前にも増してにぎやかで、人情味溢れるやりとりが繰り広げられているようで……。

    >続きを読む

  • ALWAYS 三丁目の夕日'64

    購入する

    ALWAYS 三丁目の夕日'64

    • 300pt
    • 142分
    • 7日間

    昭和39年(1964年)――東京オリンピックが開催されるこの年。オリンピックを控えた東京は、ビルや高速道路の建築ラッシュとなり、熱気に満ち溢れていました。そんな中、東京下町の夕日町

    昭和39年(1964年)――東京オリンピックが開催されるこの年。オリンピックを控えた東京は、ビルや高速道路の建築ラッシュとなり、熱気に満ち溢れていました。そんな中、東京下町の夕日町三丁目では、5年前と変わらず、個性豊かな住民たちが元気に暮らしています。小説家の茶川竜之介は、ヒロミと結婚し、高校生になった古行淳之介と3人で仲良く生活していました。ヒロミは身重で、もうすぐ家族が一人増える様子。茶川は、「冒険少年ブック」の看板作家として、連載を続けていますが、新人小説家の作品に人気を奪われてしまいスランプ気味……。一方、鈴木則文とその妻・トモエ、一人息子の一平、住み込みで働く星野六子が暮らす鈴木オートは、順調に事業を拡大し、店構えも立派なものに。最近、六子は毎朝おめかしをして家を出て行きます。それは、通勤途中の医者・菊池孝太郎とすれ違い、朝の挨拶をかわすためでした。六子のほのかな恋心を温かく見守るのは、大田キン。そして、小児科医・宅間史郎は、今日も町の人のために診療を続けています。そんな折、茶川が隠していた、とある電報をヒロミが見つけてしまいます。果たして電報の主は誰なのでしょう? また、新人小説家の意外な正体とは? 一方、六子の恋の行方は? そして、三丁目の人たちにはどんな未来が待ち受けているのでしょうか?

    >続きを読む