ホーム > ドラマ > ダーティ・ママ!

※権利上の都合により、『第6話・第9話』は配信しておりません。ご了承の上お楽しみください。

【キャスト】

永作博美/香里奈/上地雄輔/佐藤二朗/野間口徹/林 康文/加藤虎ノ介/福本幸子/池田翼・池田慧
安田 顕/八嶋智人

【スタッフ】

原作:秦建日子「ダーティ・ママ!」「ダーティ・ママ、ハリウッドへ行く!」(河出書房新社・刊)/脚本:白木朋子/シニアチーフクリエイター:櫨山裕子/演出:南雲聖一/茂山佳則(泉放送制作)/プロデューサー:西憲彦/内山雅博(オフィスクレッシェンド)/協力プロデューサー:井上由紀

【番組概要】

このドラマの主人公・丸岡高子は決して妥協も言い訳もせず、自分で自分の生き方を選び、自分の足で立ち、闘い続けている女です。敏腕シングルマザー刑事の高子は、1歳になる息子を連れたまま、ルールも常識も周囲の目も度外視して、豪快かつ強引に事件を解決していきます。しかも、事件解決のためには違法捜査だろうが拷問だろうが何でも有りのとっても“ダーティな”ママなのです。そんな高子に振り回されるのが、憧れの刑事課に仮採用となった新米刑事の長嶋葵。正義感が強くて一生懸命だけど、どこかトロいし心はとっても乙女。やっと刑事になれたと思ったのに、ダーティな高子の無茶につき合わされ、ベビーシッターのようにこき使われ、挙句の果てには恋人との関係にも暗雲が…。刑事としても女としても未熟な葵は、高子に反発しては返り討ちにあい続けます。しかし、ムチャクチャな事件解決と高子とのバトルを繰り返しながら、葵は本当に大切なことを学び、成長していきます。本当の「幸せ」を目指して…。飄々と、わが子を守り、卑劣な犯罪者や男社会と闘いながら、高子は幸せに向かうすべての女性たちに、荒々しい言葉でエールを送ります。彼女たちが、自分の足で立てるように…。
※著作物の都合上、第6話・第9話の配信はしておりません。予めご了承頂きます様、お願い申し上げます。

無料配信中の動画

1話ずつ購入

  • 第1話

    購入する

    第1話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    もうすぐ1歳になる息子を乗せたハイパーレッドのベビーカーを押し、颯爽と事件現場に現れたお母さん――敏腕シングルマザー刑事の丸岡高子(永作博美)は、ルールも常識も無視して事件解決に挑

    もうすぐ1歳になる息子を乗せたハイパーレッドのベビーカーを押し、颯爽と事件現場に現れたお母さん――敏腕シングルマザー刑事の丸岡高子(永作博美)は、ルールも常識も無視して事件解決に挑む、ダーティな刑事。
    交通課勤務だった長嶋葵(香里奈)は、ある日突然「一時的補充要員」として刑事課強行犯係に仮採用となり、転属初日の事件現場でメチャクチャな犯人逮捕をやってのける高子と出会った。高子の刑事とは思えない風貌・行動に圧倒される葵だが、係長の深沢保(八嶋智人)から葵の指導担当は高子であり、バディとして行動するように命じられる。
    そして、早速入電の入った強盗未遂事件の捜査へと出かけた。
    「憧れの刑事になるために頑張る!」と張り切る葵だったが…。

    >続きを読む

  • 第2話

    購入する

    第2話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    強盗未遂事件の真相を暴くため、ワールドマネージャパン社長の三宅を張り込んでいた高子(永作博美)と葵(香里奈)だったが、なんと二人の目の前に、三宅が転落してきた。高子は橋蔵を葵に預け

    強盗未遂事件の真相を暴くため、ワールドマネージャパン社長の三宅を張り込んでいた高子(永作博美)と葵(香里奈)だったが、なんと二人の目の前に、三宅が転落してきた。高子は橋蔵を葵に預けると、三宅の部屋を捜索しに向かう。騒然とする現場で、事件の生々しさによる吐き気と戦う葵の姿を見て、深沢(八嶋智人)、白戸(安田顕)、大野(佐藤二朗)の3人は、葵が辞めていないことに驚きと困惑を隠せずにいた。
    三宅の次は幸代が狙われるかもしれないと考えた高子は、交番勤務の卓也(上地雄輔)に幸代のアパートを警護するように命じるが、卓也と合流した途端、二人は怪しい2人組に襲撃される……!!
    なんとか助かったが、刑事という仕事の危険さを痛感した卓也は、翌朝辛そうにしている葵を見て、なんといきなりプロポーズ!
    取り乱した葵は、いったん返事を保留にしてしまうが…。

    >続きを読む

  • 第3話

    購入する

    第3話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    シングルマザー刑事の高子(永作博美)に振り回され続けた葵(香里奈)が、ベビーシッターを辞めると勘違いした深沢(八嶋智人)は、葵の後任を探して来てしまう。しかも、やってきたのは葵の恋

    シングルマザー刑事の高子(永作博美)に振り回され続けた葵(香里奈)が、ベビーシッターを辞めると勘違いした深沢(八嶋智人)は、葵の後任を探して来てしまう。しかも、やってきたのは葵の恋人・卓也(上地雄輔)だった!卓也が使えなかったら困る、という高子の言葉により、なんとか刑事課に留まることができた葵だが、刑事課残留をかけて卓也と対決することになってしまう……!!姪っ子の世話で慣れていたという、手際の良い卓也に対し相変わらずトロい葵。刑事課にいられなくなるかもしれないと葵が焦り始めた矢先、卓也の幼なじみが「上司に凌辱された」と刑事課にやってくる。こうして、敏腕シングルマザー刑事と2人のベビーシッター刑事による事件捜査が始まった。そして、加害者に会いに行った幼なじみの勤務先で、葵と卓也は思いもよらない捜査を高子から強いられることになるのだった……!!!

    >続きを読む

  • 第4話

    購入する

    第4話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    公園で女性の絞殺体が発見され、現場に急行する高子(永作博美)たち刑事課一同。現場には地域課に戻った卓也(上地雄輔)の姿もあった。逆プロポーズにも返事をもらえず、複雑な気持ちの葵(香

    公園で女性の絞殺体が発見され、現場に急行する高子(永作博美)たち刑事課一同。現場には地域課に戻った卓也(上地雄輔)の姿もあった。逆プロポーズにも返事をもらえず、複雑な気持ちの葵(香里奈)だが、被害者の加藤奈枝が妊娠していたことを知り、驚愕する。
    事件の被疑者として浮上したのは、奈枝の元恋人だというフリーデザイナーの小谷一途と、その妻である夕実。フリーのカメラマンとして仕事に燃える夕実は、夫の不倫を黙認している上に無関心。しかし、夫の不倫相手であった加藤奈枝について「名前までは知らない」と夕実が答えると、橋蔵が「ダーッ」と反応する……!!

    >続きを読む

  • 第5話

    購入する

    第5話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    今日は橋蔵の誕生日。高子(永作博美)は誕生日に一目父親の顔を見せようと、午後から調停に行く準備をしていた。
    一方、妊娠が勘違いだったことを卓也(上地雄輔)に告げられずにいる葵(香里奈

    今日は橋蔵の誕生日。高子(永作博美)は誕生日に一目父親の顔を見せようと、午後から調停に行く準備をしていた。
    一方、妊娠が勘違いだったことを卓也(上地雄輔)に告げられずにいる葵(香里奈)は、卓也から逃げるために更に嘘を重ね、一人レディースクリニックへと入ってしまう。そして、葵の入った藤田レディースクリニックに、猟銃を持った銀行強盗未遂犯・矢沢信司が逃げ込んで来る……!!
    事件の入電を聞いた高子は、調停を気にする深沢(八嶋智人)に「三時間で解決する」と告げ、現場へと向かった。
    葵たちを縛り、完全にレディースクリニックに立てこもった矢沢。しかし、深沢から要求を聞かれると、「要求は無い」と答える……。
    要求無き立てこもり事件に、調停というタイムリミットを抱えた高子が、おなじみの強引な手法で挑む!!

    >続きを読む

  • 第7話

    購入する

    第7話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    畠山が逮捕され、『ハリウッド』連続殺人事件は解決したかに見えたが、高子(永作博美)は銃弾の数が合わないことから「拳銃はもう一つある」と気付く。キャメロンを殺した犯人が別にいるのでは

    畠山が逮捕され、『ハリウッド』連続殺人事件は解決したかに見えたが、高子(永作博美)は銃弾の数が合わないことから「拳銃はもう一つある」と気付く。キャメロンを殺した犯人が別にいるのではないかと葵(香里奈)に電話をかける高子だが、電話に出ない葵。葵は、路上で何者かに撃たれていた……!!病院に救急搬送された葵の元に駆け付ける高子と卓也(上地雄輔)だが、葵の容態は依然として不明。深夜の捜査会議では、第一の殺人でジェニファーを撃った銃弾と、第二の殺人でキャメロンを撃った銃弾および葵を撃った銃弾の旋状痕から、キャメロンを殺した真犯人が葵を撃ったという事実が判明する。

    >続きを読む

  • 第8話

    購入する

    第8話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    高子(永作博美)の所属する麻布南署をはじめ、警視庁管轄の警察署では、近頃の合成麻薬の流通と、それに関連した未成年による事件の取り締まりが強化されていた。そんな中、深沢(八嶋智人)の

    高子(永作博美)の所属する麻布南署をはじめ、警視庁管轄の警察署では、近頃の合成麻薬の流通と、それに関連した未成年による事件の取り締まりが強化されていた。そんな中、深沢(八嶋智人)のひとり息子・太郎(須賀健太)が補導されたと、隣の署から連絡が来る・・・!!本庁での会議に出席しなければならない深沢に代わり、太郎を迎えに行く高子と葵(香里奈)であったが、生活安全課に居た太郎は、反省の色を見せるどころか、深沢のことを「父親だと思っていない」と吐き捨てる。そんな太郎を見た高子は、にっこりと微笑んで彼を食事に誘う。もちろん、“ある企み”を実現するために…。未成年をも闇に突き落とす麻薬密売組織VS未成年をも利用する高子。そして戦いの決着は、意外な展開を見せる…!!

    >続きを読む

  • 第10話(最終話)

    購入する

    第10話(最終話)

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    橋蔵が誘拐された!!!裁判所の仮処分決定によって引き離された橋蔵奪還を企てる高子(永作博美)。しかし、その橋蔵が連れ去られたと、靖子(かたせ梨乃)が刑事課に殴りこんでくる…!!高子

    橋蔵が誘拐された!!!裁判所の仮処分決定によって引き離された橋蔵奪還を企てる高子(永作博美)。しかし、その橋蔵が連れ去られたと、靖子(かたせ梨乃)が刑事課に殴りこんでくる…!!高子が誘拐したに違いないと言い張る靖子に激怒する葵(香里奈)だが、依然として真犯人は不明。ほんの数秒の隙で連れ去ったという靖子の証言から、プロの犯罪者グループによる犯行の可能性も見え始めた…。全ての事件が一つにつながり、黒幕が明らかになったとき、橋蔵を人質に取られた高子は究極の選択を強いられる…!!果たして、橋蔵は無事なのか。高子は靖子から橋蔵を取り戻すことができるのか。妊娠を決意した葵は、卓也(上地雄輔)と白戸(安田顕)との関係にどう決着をつけるのか。全ての物語が、今、決着する!

    >続きを読む