ホーム > ドラマ > 学校じゃ教えられない!

【キャスト】

深田恭子/谷原章介/仲 里依紗/中村 蒼/前田公輝/朝倉あき/法月康平/加藤みづき/柳沢太介/夏目 鈴/森崎ウィン/柳生みゆ/伊藤 蘭 ほか

【スタッフ】

脚本::遊川和彦/演出:猪股隆一、木内健人(5年D組)、石尾純/プロデューサー:大平 太、桑原丈弥、井上竜太(ホリプロ)、太田雅晴(5年D組)/制作協力:ホリプロ、5年D組/製作著作:日本テレビ

【番組概要】

大人への過渡期である高校生たちの、悩み・葛藤・挫折・友情・そして何よりも”人を心から愛すること”を、逃げずに真正面から描いていく!
16歳の夏、彼らは「人生の大切な宝物」をみつける。“なぜ、ひとりHするの?” ”デキちゃったら、どうするの?”大人が答えられない様々な青春のギモンを、美人教師が大胆に手ほどきする。でも、それは…学校じゃ教えられない!

1話ずつ購入

  • 第1話

    購入する

    第1話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    五十年の伝統ある私立名門女子高。しかし少子化の影響を受け、今年から男子生徒を入学させることに。栄えある男子1期生の数はたったの5人。女の園に憧れ入学するものの、‘5vs600’とい

    五十年の伝統ある私立名門女子高。しかし少子化の影響を受け、今年から男子生徒を入学させることに。栄えある男子1期生の数はたったの5人。女の園に憧れ入学するものの、‘5vs600’という圧倒的なプレッシャーを前に、すっかり打ちのめされる5人の男子。一方、この女子高のOGにして、現在、英語の教師3年目・相田舞(深田恭子)は、悶々とした日々を送っていた。最近の生徒の笑顔は死んでいる。青春のきらめきが感じられないのだ。どうにかしたい!そして思いついたのが…。

    >続きを読む

  • 第2話

    購入する

    第2話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    5組のカップルが決まったものの、女子からいろいろとケチを付けられた静也(前田公輝)、きよし(柳沢太介)、信太郎(法月康平)らは、文句たらたら。これを聞いた叶夢(森崎ウィン)は、カッ

    5組のカップルが決まったものの、女子からいろいろとケチを付けられた静也(前田公輝)、きよし(柳沢太介)、信太郎(法月康平)らは、文句たらたら。これを聞いた叶夢(森崎ウィン)は、カップルを変えたらどうかと提案する。叶夢自身、相手の永璃(仲里依紗)がマー君というボーイフレンドに首ったけだったため、困り果てていたのだ。男子陣から話を聞いた舞(深田恭子)は、カップルの変更にアッサリOKを出す。だが、後は各自交渉するよう告げられた男子たちは、複雑な表情を見せる女子を前に、バツが悪い。そんな折、永璃は、知らない女のコと親しげに話しているマー君に遭遇し…。

    >続きを読む

  • 第3話

    購入する

    第3話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    レイ(加藤みづき)の妊娠を知り、秘密を共有することになった静也(前田公輝)は、堅く口止めされたこともあり、困り果てる。誰にも相談できずに苦悩するレイと、困惑する静也のギクシャクとし

    レイ(加藤みづき)の妊娠を知り、秘密を共有することになった静也(前田公輝)は、堅く口止めされたこともあり、困り果てる。誰にも相談できずに苦悩するレイと、困惑する静也のギクシャクとした雰囲気に、他の部員たちは、ワケが分からないまま心配を募らせる。まもなく、2人の話を立ち聞きした叶夢(森崎ウィン)と永璃(仲里依紗)が、レイの妊娠を知り、他の部員たちにも伝わってしまい…。

    >続きを読む

  • 第4話

    購入する

    第4話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    家庭内暴力を繰り返す姉・聖子(高瀬友規奈)に信太郎(法月康平)は、殺意を抱き始めていた。 そんな折りに校舎の屋上で、『死にたい、誰か殺して』との落書きを見つけ、つい『殺してあげる』

    家庭内暴力を繰り返す姉・聖子(高瀬友規奈)に信太郎(法月康平)は、殺意を抱き始めていた。 そんな折りに校舎の屋上で、『死にたい、誰か殺して』との落書きを見つけ、つい『殺してあげる』と書いてしまう。そのことが頭から離れなくなった信太郎は、叶夢(森崎ウィン)と永璃(仲里依紗)にパートナーチェンジを申し込まれ、簡単にOKを出す。 この様子を見ていた真帆(夏目鈴)は、突如退部を宣言し、信太郎もつられるように辞めると言ってしまう…。

    >続きを読む

  • 第5話

    購入する

    第5話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    影山(伊藤蘭)が、男女交際を禁止する新しい校則が出来たと発表。舞(深田恭子)は氷室(谷原章介)と交渉し、その結果、今回のダンス大会で一組でも入賞者が出れば社交ダンス部を正式な部と認

    影山(伊藤蘭)が、男女交際を禁止する新しい校則が出来たと発表。舞(深田恭子)は氷室(谷原章介)と交渉し、その結果、今回のダンス大会で一組でも入賞者が出れば社交ダンス部を正式な部と認め、かつ新しい校則を廃止するとの約束を取り付ける。そんな中、真面目に練習に打ち込まない部員たちを見た瞳(朝倉あき)がイライラを募らせる。クビをひねった一樹(中村蒼)は、放課後に瞳を尾行し、瞳の秘密をしってしまう。

    >続きを読む

  • 第6話

    購入する

    第6話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    舞(深田恭子)が、正式に部として認可された社交ダンス部初の発表会を、9月の文化祭でやると宣言。それが創作ダンスだと告げられた部員たちは、口々に文句を言いながらも練習を始める。そんな

    舞(深田恭子)が、正式に部として認可された社交ダンス部初の発表会を、9月の文化祭でやると宣言。それが創作ダンスだと告げられた部員たちは、口々に文句を言いながらも練習を始める。そんな中、一樹(中村蒼)と瞳(朝倉あき)は、目も合わさず、よそよそしい雰囲気の叶夢(森崎ウィン)と永璃(仲里依紗)に気付いた。実は、叶夢は、永璃とラブホテルに入ったものの、“好きなのか”“それともやりたいだけなのか”と質問をされてフリーズし、キスさえしないで出てしまったのだ。これを知った一樹と瞳は、懸命になだめるが…。

    >続きを読む

  • 第7話

    購入する

    第7話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    親友の叶夢(森崎ウィン)に未練を残したまま、一樹(中村蒼)は、瞳(朝倉あき)に交際を申し込んだ。叶夢のことを諦めるという言葉を信じた瞳は、OKの返事を出す。後日、二人の交際宣言を聞

    親友の叶夢(森崎ウィン)に未練を残したまま、一樹(中村蒼)は、瞳(朝倉あき)に交際を申し込んだ。叶夢のことを諦めるという言葉を信じた瞳は、OKの返事を出す。後日、二人の交際宣言を聞き、祝福する社交ダンス部メンバーたち。だが一樹は、永璃(仲里依紗)とラブラブな叶夢のことが気になって仕方がない。瞳は、そんな一樹を複雑な表情で眺めていた。舞(深田恭子)の提案で、社交ダンス部は夏期合宿をすることに。校舎に集まる部員たちだったが、練習そっちのけでリゾートモード全開。

    >続きを読む

  • 第8話

    購入する

    第8話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    叶夢(森崎ウィン)の持っていたTバックが見つかったことから、舞(深田恭子)と社交ダンス部が窮地に。さらに、ヤケ酒をあおって氷室(谷原章介)にお姫さまダッコされている写真が校内に掲示

    叶夢(森崎ウィン)の持っていたTバックが見つかったことから、舞(深田恭子)と社交ダンス部が窮地に。さらに、ヤケ酒をあおって氷室(谷原章介)にお姫さまダッコされている写真が校内に掲示されたため、舞は、保護者や卒業生からの突き上げで懲戒解雇の瀬戸際に立たされる。舞のピンチを知った一樹(中村蒼)と瞳(朝倉あき)は、影山(伊藤蘭)に直接謝ろうと決意し、チャンスをうかがうが…。

    >続きを読む

  • 第9話

    購入する

    第9話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    文化祭が間近に迫ったある日、社交ダンス部が準備していた衣装などが何者かにメチャクチャにされていた。犯人は、どうやら生徒会の夏芽(三浦葵)たちらしいのだが、その証拠はない。これを見た

    文化祭が間近に迫ったある日、社交ダンス部が準備していた衣装などが何者かにメチャクチャにされていた。犯人は、どうやら生徒会の夏芽(三浦葵)たちらしいのだが、その証拠はない。これを見た瞳(朝倉あき)は、中学卒業の時、夏芽にキスを迫られて断わった思い出を話し、それが原因ではないかと明かした。舞(深田恭子)や部員たちは、それぞれ発表会が出来るよう活動するが、影山(伊藤蘭)や生徒たちの反応は冷たい。瞳は、社交ダンス部を救うためには、自分が犠牲になるしかないと決意し、生徒会室に向かうが…。

    >続きを読む

  • 第10話(最終話)

    購入する

    第10話(最終話)

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    一樹(中村蒼)の「学校を辞めたい」という言葉に、社交ダンス部の部員たちは、ア然となる。一樹は、「来年、第一志望の高校にチャレンジしたい」と本気。翌日、舞(深田恭子)に退学届を提出し

    一樹(中村蒼)の「学校を辞めたい」という言葉に、社交ダンス部の部員たちは、ア然となる。一樹は、「来年、第一志望の高校にチャレンジしたい」と本気。翌日、舞(深田恭子)に退学届を提出した一樹は、「周りの人を幸せにしたいから、まず自分が幸せになる」と言い切る。だが、報告を受けた影山(伊藤蘭)は、何としても一樹を説得して引き止めるよう、舞に指示するが…。

    >続きを読む