ホーム > ドラマ > トッカン 特別国税徴収官

※権利上の都合により『第3話』は配信しておりません。ご了承の上お楽しみください。

【キャスト】

井上真央/北村有起哉/鈴木砂羽/木南晴夏/美波/池田鉄洋/おかやまはじめ/笠原秀幸/塩見三省/岩松了/若村麻由美

【スタッフ】

原作:高殿円「トッカン 特別国税徴収官」(早川書房刊)/脚本:いずみ吉紘/音楽:佐藤史朗/主題歌:Mr.Children/チーフプロデューサー:大平太/プロデューサー:福井宏、下山潤/演出:水田伸生、長沼誠/制作協力:日活/製作著作:日本テレビ

【番組概要】

芯は強いが、言いたいことをはっきりと言えず、いつも「ぐっ・・・」と詰まってしまうことから、職場では「ぐー子」と呼ばれている鈴宮深樹(25歳)。ある事情から安定した職業につきたくて公務員を目指し、唯一受かったのが、国税局の国税専門官。上司の鏡雅愛(かがみまさちか)は、冷血無比で周囲から“死神”と言われているトッカン。そんなトッカン・鏡の補佐として、日々、税金滞納者の取り立てに奔走します。納税を拒否する資産家マダムからは、高級外車や海外ブランドのセーター、果てはペットの愛犬まで、S(差し押さえ)。貧しい工場に取り立てに行って、すげなく追い返されたり、 カフェの二重帳簿を暴くため、マルサのような潜入捜査を命じられたり。 人間不信に陥るような強烈な出来事や、ぐー子が抱える過去や家族の問題。人の生活と 欲望に直結している“税金”にまつわる数々の事件をぐー子の成長と共に描いていきます。
※権利上の都合により『第3話』は配信しておりません。ご了承の上お楽しみください。

無料配信中の動画

1話ずつ購入

  • 第1話

    購入する

    第1話

    • 300pt
    • 58分
    • 7日間

    宝町税務署の新米徴収官・鈴宮深樹(井上真央)は、消費税や源泉所得税などの滞納税を徴収する公務員。この日初めてのS(=差し押さえ)をするため、滞納税約1300万円の皆川夫妻の自宅にや

    宝町税務署の新米徴収官・鈴宮深樹(井上真央)は、消費税や源泉所得税などの滞納税を徴収する公務員。この日初めてのS(=差し押さえ)をするため、滞納税約1300万円の皆川夫妻の自宅にやってきた。しかし、夫妻に塩を撒かれ、ぬか味噌を投げつけられ逆ギレされる。鈴宮が困り果てていると、そこに先輩徴収官の木綿子(鈴木砂羽)と釜池(笠原秀幸)、さらに見知らぬ男が応援にやってくる。男は特別国税徴収官(=トッカン)の鏡(北村有起哉)。トッカンとは悪質な滞納者を扱う徴収官のエリートだ。鏡は躊躇なく皆川夫妻の資産を次々と差し押さえ、なんと愛犬のリリコまで徴収していく。その強引な方法に疑問を抱く鈴宮だが、トッカン付に任命されてしまう。

    >続きを読む

  • 第2話

    購入する

    第2話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    滞納整理強化月間ということで相談者が税務署でごった返している中、税金滞納者の堂柿(西岡德馬)がすごい剣幕でやって来た。健康食品の輸入会社社長だった堂柿は、4年前に妻に先立たれ、その

    滞納整理強化月間ということで相談者が税務署でごった返している中、税金滞納者の堂柿(西岡德馬)がすごい剣幕でやって来た。健康食品の輸入会社社長だった堂柿は、4年前に妻に先立たれ、そのころから会社の資金繰りが悪化し、消費税約600万円を滞納していた。本人は現在、年金で暮らしているという。税務署の窓口で堂柿は「何年も汗水垂らして税金を納めてきたのに、税務署は人殺し集団だ!」と、差押予告書を破り捨てて帰って行った。鈴宮はトッカンの鏡(北村有起哉)から「一人でS(エス)してこい」と命じられ・・・

    >続きを読む

  • 第4話

    購入する

    第4話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    鈴宮(井上真央)は芽夢(美波)に嵌められ、接待を強要したと告発される。芽夢は白川(若村麻由美)の店のホステスで、最初からスパイ目的で鈴宮に近づいたのだった。鈴宮は芽夢を問い詰める。

    鈴宮(井上真央)は芽夢(美波)に嵌められ、接待を強要したと告発される。芽夢は白川(若村麻由美)の店のホステスで、最初からスパイ目的で鈴宮に近づいたのだった。鈴宮は芽夢を問い詰める。しかし、芽夢から「クビにもならない安定した公務員の立場に甘んじて、本当に苦しんでいる人間のことなんて考えてもいない」と言われた鈴宮は反論することができなかった。鏡(北村有起哉)や木綿子(鈴木砂羽)は、鈴宮が「澪」という人物の存在に気付いたために白川に嵌められたのではと推測する。澪とはいったい誰なのか――?白川の目的は――?鏡は南部(木南晴夏)から、白川が衆議院議員・栗本(中丸新将)が認可を後押ししたダイエット薬に関し、インサイダー取引を行った可能性があると聞かされる。だが鈴宮がヘマをしたおかげで、捜査に支障が出るかもしれない。怒りの収まらない南部は鏡の前で、鈴宮の父親が過去に脱税をして税務署に入られたことを持ち出し「犯罪者の娘に徴収官は務まらない」と鈴宮をせめる。鈴宮は失意のまま、辞表を出して税務署を去った――。鈴宮は気付くと故郷・大阪に戻っていた。商店街をフラフラしていた鈴宮は叔母に見つかり、実家に連れて行かれる。そこには昔と変わらず店先でまんじゅうを焼く父・益二郎(塩見三省)の姿があった。母を亡くし、いまでは父娘二人きりの家族だが、父は鈴宮が税務署に就職することに反対していた。以来、父娘の間には大きな溝ができ、顔を合わせるとケンカになってしまう。そんなとき、鏡から電話がかかってくる。鏡は白川がインサイダー取引で3億もの大金を手にしたことを調べていた。やはり「澪」という人物が関わっているらしい。木綿子や釜池も捜査を手伝ってくれているという。「お前のオトシマエをつけるためだ」――そう鏡に聞かされた鈴宮は、東京に戻る決心をする。「私には、まだやることがある」。鈴宮は、白川の秘密に迫ることができるのか――?

    >続きを読む

  • 第5話

    購入する

    第5話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    夏の人事異動で宝町税務署に新しい徴収官・錨(星野真里)が赴任してきた。32歳の彼女は商社マンの夫を持ち、仕事もできる柔和な女性。彼女より4歳年上で、いまだ婚活中の木綿子(鈴木砂羽)

    夏の人事異動で宝町税務署に新しい徴収官・錨(星野真里)が赴任してきた。32歳の彼女は商社マンの夫を持ち、仕事もできる柔和な女性。彼女より4歳年上で、いまだ婚活中の木綿子(鈴木砂羽)は面白くない。そんな中、鈴宮(井上真央)は女子高の音楽教師・桑原(小島聖)の徴収に向かうことに。父親から相続したマンションを売却した際の税金を滞納している彼女は、木綿子の高校時代の同級生だった・・・

    >続きを読む

  • 第6話

    購入する

    第6話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    宝町税務署に計画倒産のタレコミが届く。約400万円を滞納している株式会社ホツミがネットショップを開くための初期費用60万円を契約者から集め、それを踏み倒したまま巧妙な手口で倒産しよ

    宝町税務署に計画倒産のタレコミが届く。約400万円を滞納している株式会社ホツミがネットショップを開くための初期費用60万円を契約者から集め、それを踏み倒したまま巧妙な手口で倒産しようとしているという。裁判所が倒産を認めてしまうと税務署は手出しができなくなってしまう。鈴宮(井上真央)は裁判所にホツミについての情報提供を求めるが、「個人情報は教えられない」と門前払いされてしまう・・・

    >続きを読む

  • 第7話

    購入する

    第7話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    鈴宮(井上真央)は2千万円の税金を滞納しているガールズバーオーナー・豊成の身辺を洗うことに。一方、木綿子(鈴木砂羽)は、国立税務署から赴任してきた錨(星野真里)の言動に違和感を持ち

    鈴宮(井上真央)は2千万円の税金を滞納しているガールズバーオーナー・豊成の身辺を洗うことに。一方、木綿子(鈴木砂羽)は、国立税務署から赴任してきた錨(星野真里)の言動に違和感を持ち、探りを入れ始める。鈴宮は豊成の金の隠し場所を探るため、南部(木南晴夏)を巻き込み、精一杯のセクシー衣裳?でガールズバーの面接に挑む。その頃、木綿子は錨のある事実を探り当てていた―――

    >続きを読む

  • 第8話

    購入する

    第8話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    錨の夫に刺された鏡(北村有起哉)は入院し、鈴宮(井上真央)はひとりで案件に取り組むことに。3姉妹の長女・百合子(濱田マリ)と二女・桃花(高橋かおり)は父からの相続税を滞納しており、

    錨の夫に刺された鏡(北村有起哉)は入院し、鈴宮(井上真央)はひとりで案件に取り組むことに。3姉妹の長女・百合子(濱田マリ)と二女・桃花(高橋かおり)は父からの相続税を滞納しており、このままでは「連帯納付義務」により、三女(入山法子)から徴収しなければならなくなってしまう。法律の矛盾を感じる鈴宮の前に「お手伝いしましょうか?」と吹雪(及川光博)と名乗る弁護士が現れる。吹雪は味方なのか?それとも・・・

    >続きを読む

  • 第9話

    購入する

    第9話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    弁護士の吹雪(及川光博)に食事に誘われ、どこか浮き立つ鈴宮(井上真央)。鏡(北村有起哉)は大衆食堂「唐川」の案件を持ち込む。鏡は店の土地を売るべきだと主人の唐川(野間口徹)と妻・詠

    弁護士の吹雪(及川光博)に食事に誘われ、どこか浮き立つ鈴宮(井上真央)。鏡(北村有起哉)は大衆食堂「唐川」の案件を持ち込む。鏡は店の土地を売るべきだと主人の唐川(野間口徹)と妻・詠子(堀内敬子)に主張するが、詠子は「店は主人の生きがい」と断る。鈴宮(井上真央)は何とか二人を助ける策を練るが上手くいかない。そんな中、詠子が妊娠していることを知る。しかし、夫の唐川はどこか思いつめた表情だった・・・

    >続きを読む

  • 第10話(最終話)

    購入する

    第10話(最終話)

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    大衆食堂の店主・唐川(野間口徹)が妻(堀内敬子)を残し自殺を図ったのは鏡(北村有起哉)が「店を差し押さえるぞ」と恫喝したためだとして、弁護士の吹雪(及川光博)は損害賠償を求める裁判

    大衆食堂の店主・唐川(野間口徹)が妻(堀内敬子)を残し自殺を図ったのは鏡(北村有起哉)が「店を差し押さえるぞ」と恫喝したためだとして、弁護士の吹雪(及川光博)は損害賠償を求める裁判を起こした。一方、鈴宮(井上真央)は南部(木南晴夏)や木綿子(鈴木砂羽)の協力で、唐川夫妻の家庭の事情を明らかにしていく。鏡は責任を取り、宝町税務署を追われてしまうのか?鏡とぐ~子のトッカンコンビは解散してしまうのか?

    >続きを読む