ホーム > ドラマ > Woman

【キャスト】

満島ひかり/田中裕子/小栗 旬/谷村美月/二階堂ふみ/三浦貴大/臼田あさ美/高橋一生/鈴木梨央(子役)/髙橋 來(子役)/小林 薫 ほか

【スタッフ】

脚本:坂元裕二/演出:水田伸生 ほか/プロデューサー:次屋 尚/千葉行利 ほか/制作協力:ケイファクトリー

【番組概要】

シングルマザー。現在、全国に100万人を越える。
彼女たちの平均年収は200万円余り(国などからの補助金を除くと180万円程度である)。全世帯平均の540万円の3分の1ほどだ。
そんな過酷な経済状況で、ひとり子育てする彼女たちの精神的負担は計り知れず大きい。 
いつしか社会や世間から取り残され、貧困と疲弊の連鎖の中で、明るい将来をみつけることは非常に難しいのが現状だ。
このドラマは、そんなシングルマザーを主人公に、貧しいながら愛すべく我が子のため、命をかけて生きる女性の生き様を描く物語です。 非婚化や若年貧困問題等を抱える現代社会の陰に起こる出来事を、純愛なる親子愛の物語として描いていきます。
世のシングルマザーたちはもとより現代の若者たちへ贈る応援歌となることを目指すものです。

無料配信中の動画

1話ずつ購入

  • 第1話

    購入する

    第1話

    • 300pt
    • 58分
    • 7日間

    小春(満島ひかり)は、夫の信(小栗旬)を不慮の事故で亡くし、 二人の子供・望海(鈴木梨央)と陸(髙橋來)を抱えるシングルマザー。小春は仕事を掛け持ちして必死で働くものの家計は苦しく

    小春(満島ひかり)は、夫の信(小栗旬)を不慮の事故で亡くし、 二人の子供・望海(鈴木梨央)と陸(髙橋來)を抱えるシングルマザー。小春は仕事を掛け持ちして必死で働くものの家計は苦しく、生活は困窮する。 追い詰められた小春が生活保護申請をするために福祉事務所を訪ねると、 条件が満たされないことを理由に断られる。 親族からの援助の有無を聞かれ、親族はいないと答える小春。小春の父は亡くなり、20年前に小春と父を残して好きな男(健太郎:小林薫)のもとへ走った母の紗千(田中裕子)とは絶縁状態だった。しかし、福祉事務所が紗千に問い合わせたところ、 紗千は小春への援助の意志を示しているという。自分を捨てた母がそんなことを言うはずがない、と信じられない小春。そして、小春は20年ぶりに紗千と会う決心をする…。

    >続きを読む

  • 第2話

    購入する

    第2話

    • 300pt
    • 59分
    • 7日間

    ある日、仕事を終えた小春(満島ひかり)が帰宅すると、 望海(鈴木梨央)と陸(髙橋來)を心配する近所の女性と児童相談所の職員が来ていた。近所の女性は、毎晩、子供たちだけで過ごしている

    ある日、仕事を終えた小春(満島ひかり)が帰宅すると、 望海(鈴木梨央)と陸(髙橋來)を心配する近所の女性と児童相談所の職員が来ていた。近所の女性は、毎晩、子供たちだけで過ごしている望海と陸を見つけ、児童相談所に通報したのだった。児童相談所の職員は虐待を疑い、小春に子供たちを誰かに預けることを勧める。小春は、再婚し地方のログハウスで暮らす由季(臼田あさ美)のもとへ、しばらく望海と陸を預けることにする。小春と離れて暮らすことになっても元気そうな望海と陸。しかし、次第に小春のもとへ帰りたいと思うようになった二人は、 東京を目指して駅へ向かう…。

    >続きを読む

  • 第3話

    購入する

    第3話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    由季(臼田あさ美)の家から東京に帰ってこようとして迷子になった望海(鈴木梨央)を迎えに行った小春(満島ひかり)。彼女はそこで、同じく望海を迎えに来た栞(二階堂ふみ)と初めて会うこと

    由季(臼田あさ美)の家から東京に帰ってこようとして迷子になった望海(鈴木梨央)を迎えに行った小春(満島ひかり)。彼女はそこで、同じく望海を迎えに来た栞(二階堂ふみ)と初めて会うことになる。栞に「お姉ちゃん」と呼ばれるも、小春はどうしていいか分からず、ぎこちないやりとりをする。後日、小春のアパートを訪れた健太郎(小林薫)は、小春が働く昼間の時間帯に望海と陸(髙橋來)を預かりたいと言い出す。小春は困惑するが、健太郎の申し出を受け入れることに。ある日、健太郎が望海と陸を預かって一緒に家で遊んでいると、紗千(田中裕子)が帰宅。紗千は子供たちに冷たくあたる。子供たちを迎えに来た小春は紗千と顔を合わせ、気まずい雰囲気に。健太郎のとりなしで小春たちは植杉家で夕食を食べることになるが、小春と紗千は言い争いになり…。

    >続きを読む

  • 第4話

    購入する

    第4話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    言葉数の少ない陸(髙橋來)に言葉の遅れがあるのではないかと託児所の職員に指摘された小春(満島ひかり)。そんな中、小春は、陸が犬に興味を持っていることを知り、犬が散歩で立ち寄る早朝の

    言葉数の少ない陸(髙橋來)に言葉の遅れがあるのではないかと託児所の職員に指摘された小春(満島ひかり)。そんな中、小春は、陸が犬に興味を持っていることを知り、犬が散歩で立ち寄る早朝の公園へ陸と望海(鈴木梨央)を連れていく。しかし、陸はそこにいる犬に関心を示さない。ある晩、小春は、陸が布団の中で泣いているのに気付く。心配する小春に「ブン」とつぶやく陸。陸は小春と望海を外に連れ出して、迷い犬の貼り紙が貼ってある掲示板の前に立つ。小春は、言葉にならない陸の思いに触れる。一方、栞(二階堂ふみ)は、紗千(田中裕子)が小春たち家族のことを気に掛けているのを察して不安になる。思い詰めた栞は、小春に対する嫌悪を紗千にぶつけ、信(小栗旬)の死にかかわる重大な秘密を打ち明ける…。

    >続きを読む

  • 第5話

    購入する

    第5話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    精密検査の結果、再生不良性貧血と診断された小春(満島ひかり)。 医師の澤村(高橋一生)と藍子(谷村美月)からは、命にもかかわる病気だけに治療について真剣に考えるように勧められる。し

    精密検査の結果、再生不良性貧血と診断された小春(満島ひかり)。 医師の澤村(高橋一生)と藍子(谷村美月)からは、命にもかかわる病気だけに治療について真剣に考えるように勧められる。しかし小春は仕事を休むわけにもいかず、誰にも病気のことを打ち明けられないでいた。せめて子供たちには悟られまいと努めて明るく振舞う小春だった。そんな折、小春のアパートにエアコンが配達される。健太郎(小林薫)からのプレゼントだと察した小春だったが、健太郎に電話をすると送り主は紗千(田中裕子)ではないかと聞かされる。そのうち病気の症状が出始め、不安が高まる小春は、ある決意をし、望海(鈴木梨央)と陸(髙橋來)を連れて植杉家へ向かうのだったが…。

    >続きを読む

  • 第6話

    購入する

    第6話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    自身の病状の悪化を自覚した小春(満島ひかり)は、望海(鈴木梨央)と陸(髙橋來)を連れて植杉家へ向かい、一緒に住まわせてほしいと紗千(田中裕子)に頼み込む。病気のことは告げずに、ひた

    自身の病状の悪化を自覚した小春(満島ひかり)は、望海(鈴木梨央)と陸(髙橋來)を連れて植杉家へ向かい、一緒に住まわせてほしいと紗千(田中裕子)に頼み込む。病気のことは告げずに、ひたすら懇願する小春。頑なに拒否する紗千だったが、栞(二階堂ふみ)が小春たちと暮らしたいと言い出したことで、仕方なく同居を受け入れることに。そんな中、小春は健太郎(小林薫)から、紙袋に入ったオレンジ色のマフラーを渡される。4年前の夏、信(小栗旬)が植杉家を訪ねた日に忘れていったものだと告げられる。しかし、小春にはまったく見覚えのないものだった…。

    >続きを読む

  • 第7話

    購入する

    第7話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    小春(満島ひかり)は海(鈴木梨央)と陸(髙橋來)を連れて、信(小栗旬)の生まれ故郷へ向かった。そこは、山に囲まれた小さな村だった。小春は、土産物屋の店主を訪ね、4年前の夏に信が置い

    小春(満島ひかり)は海(鈴木梨央)と陸(髙橋來)を連れて、信(小栗旬)の生まれ故郷へ向かった。そこは、山に囲まれた小さな村だった。小春は、土産物屋の店主を訪ね、4年前の夏に信が置いていったという手紙を受け取る。信は事故に遭ったその日、この村を訪れていた。手紙には、信から聞かされたことのなかった彼の幼少期のこと、そして彼の母親との思い出について触れられていた。さらに、オレンジ色のマフラーの秘密、そして4年前の夏、信が植杉家を訪れた本当の理由が綴られていた…。

    >続きを読む

  • 第8話

    購入する

    第8話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    栞(二階堂ふみ)が信(小栗旬)にしたことを知り、激しく動揺する小春(満島ひかり)。彼女は植杉家を出ていく決意をする。紗千(田中裕子)は、二人の娘の間で苦悩する。母たちの葛藤を知らな

    栞(二階堂ふみ)が信(小栗旬)にしたことを知り、激しく動揺する小春(満島ひかり)。彼女は植杉家を出ていく決意をする。紗千(田中裕子)は、二人の娘の間で苦悩する。母たちの葛藤を知らない望海(鈴木梨央)と陸(髙橋來)は、まもなく行われる町の夏祭りを楽しみにしていた。お祭りに行けると喜ぶ子供たちのために、小春は夏祭りが終わるまで植杉家にいることに。一方、栞は健太郎(小林薫)に、家を出ていきたいと打ち明ける…。

    >続きを読む

  • 第9話

    購入する

    第9話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    小春(満島ひかり)は数日間入院することに。その間、紗千(田中裕子)が望海(鈴木梨央)と陸(髙橋來)の面倒を見る。子供たちと過ごすうち、 望海の姿に子供のころの小春を重ねる紗千。彼女

    小春(満島ひかり)は数日間入院することに。その間、紗千(田中裕子)が望海(鈴木梨央)と陸(髙橋來)の面倒を見る。子供たちと過ごすうち、 望海の姿に子供のころの小春を重ねる紗千。彼女は、小春と骨髄が適合するかを調べる検査を受けるために病院へ向かう。 一方、健太郎(小林薫)は紗千から、小春の病気のことや栞(二階堂ふみ)が信(小栗旬)の死と深く関わっていることを聞かされた。そして、ある決意を胸に、家を出ていった栞のもとを訪ねる…。

    >続きを読む

  • 第10話

    購入する

    第10話

    • 300pt
    • 46分
    • 7日間

    望海(鈴木梨央)は、小春(満島ひかり)に異変が起こっていることを敏感に察する。小春は、望海が受けるショックの大きさを考えると、自分の病気について絶対に知らせたくないと考えていた。し

    望海(鈴木梨央)は、小春(満島ひかり)に異変が起こっていることを敏感に察する。小春は、望海が受けるショックの大きさを考えると、自分の病気について絶対に知らせたくないと考えていた。しかし、本当のことを知りたい望海は、小春が通う病院までたどり着き、小春が来ていないかどうかを確かめようとする。一方、紗千(田中裕子)は、行方が分からなくなった栞(二階堂ふみ)を捜し歩いていた。そのころ栞は、信(小栗旬)の背中を押して線路に転落させた男を街で見かけ…。

    >続きを読む

  • 第11話

    購入する

    第11話

    • 300pt
    • 57分
    • 7日間

    その日、小春(満島ひかり)、望海(鈴木梨央)、陸(髙橋來)、そして紗千(田中裕子)、健太郎(小林薫)はいつものように明るく穏やかな朝食の時間を過ごす。しかし、紗千と健太郎は内心、気

    その日、小春(満島ひかり)、望海(鈴木梨央)、陸(髙橋來)、そして紗千(田中裕子)、健太郎(小林薫)はいつものように明るく穏やかな朝食の時間を過ごす。しかし、紗千と健太郎は内心、気が気ではなかった。栞(二階堂ふみ)が受けた骨髄適合検査の結果が出る日だったからだ。祈るような思いの紗千と健太郎。そんな折、由季が段ボール箱を抱えてやって来る。中には預けていた信(小栗旬)の遺品の数々が入っていた…。

    >続きを読む