ホーム > ドラマ > 前略おふくろ様Ⅱ

【キャスト】

萩原健一/桃井かおり/坂口良子/木之内みどり/室田日出男/川谷拓三/小松政夫/志賀勝/田中絹代(特別出演)/風吹ジュン/大滝秀治/梅宮辰夫/八千草薫 他

【スタッフ】

脚本:倉本聰/音楽:井上堯之、速水清司/制作:梅谷茂/プロデューサー:清水欣也、武井英彦(日本テレビ)/工藤英博、平島定夫(渡辺企画)/演出:田中知己、吉野洋/製作:日本テレビ、渡辺企画

【番組概要】

料亭『川波』を舞台に、板前として働くサブ(萩原健一)や、サブを取り巻く様々な人達の人間模様を描いていく。出演は前作でこれまでとは全く違ったタイプの役柄サブを演じ、さらに役者としての評価を高めた萩原健一。そして梅宮辰夫、田中絹代、桃井かおり、坂口良子、室田日出男、川谷拓三らお馴染みのメンバーに加えて、八千草薫、木之内みどり、志賀勝等、新しい顔ぶれが登場する。また、倉本聰が全話の脚本を手がけているのも要チェックです。
●映像、音声上のノイズ等は、一部お見苦しい部分、お聞き苦しい部分があることをご了承下さい。

無料配信中の動画

1話ずつ購入

  • 第1話

    購入する

    第1話

    • 200pt
    • 45分
    • 7日間

    「分田上」がなくなってから一年半、サブ(萩原健一)は秀治(梅宮辰夫)らと共に料亭「川波」で働いている。 元・芸者の女将・かや(八千草薫)には高校生の娘・冬子(木之内みどり)がいる。

    「分田上」がなくなってから一年半、サブ(萩原健一)は秀治(梅宮辰夫)らと共に料亭「川波」で働いている。 元・芸者の女将・かや(八千草薫)には高校生の娘・冬子(木之内みどり)がいる。 そんなある日、「川波」に板前見習の修(志賀勝)がやってきた…。

    >続きを読む

  • 第2話

    購入する

    第2話

    • 200pt
    • 46分
    • 7日間

    サブ(萩原健一)は海(桃井かおり)に頼まれ海の父・岡野(大滝秀治)に会いにいった。 デザイナーの恋人・花恵(岸田今日子)の出現で若返った岡野の姿にかつての封建君主のおもかげはなく、

    サブ(萩原健一)は海(桃井かおり)に頼まれ海の父・岡野(大滝秀治)に会いにいった。 デザイナーの恋人・花恵(岸田今日子)の出現で若返った岡野の姿にかつての封建君主のおもかげはなく、その変身ぶりにサブはショックを受ける…。

    >続きを読む

  • 第3話

    購入する

    第3話

    • 200pt
    • 46分
    • 7日間

    サブ(萩原健一)は海(桃井かおり)に頼まれ海の父・岡野(大滝秀治)に会いにいった。 デザイナーの恋人・花恵(岸田今日子)の出現で若返った岡野の姿にかつての封建君主のおもかげはなく、

    サブ(萩原健一)は海(桃井かおり)に頼まれ海の父・岡野(大滝秀治)に会いにいった。 デザイナーの恋人・花恵(岸田今日子)の出現で若返った岡野の姿にかつての封建君主のおもかげはなく、その変身ぶりにサブはショックを受ける…。

    >続きを読む

  • 第4話

    購入する

    第4話

    • 200pt
    • 45分
    • 7日間

    サブ(萩原健一)は海(桃井かおり)をからかった男達と乱闘になりそのうち一人を骨折で入院させてしまい、警察でサブは、あれは過剰防衛だったとさんざんしぼられる。 数日後、サブは入院した

    サブ(萩原健一)は海(桃井かおり)をからかった男達と乱闘になりそのうち一人を骨折で入院させてしまい、警察でサブは、あれは過剰防衛だったとさんざんしぼられる。 数日後、サブは入院した男の友人に呼びだされ、治療費50万円を要求される…。

    >続きを読む

  • 第5話

    購入する

    第5話

    • 200pt
    • 46分
    • 7日間

    サブ(萩原健一)は海(桃井かおり)をからかった男達と乱闘になりそのうち一人を骨折で入院させてしまい、警察でサブは、あれは過剰防衛だったとさんざんしぼられる。 数日後、サブは入院した

    サブ(萩原健一)は海(桃井かおり)をからかった男達と乱闘になりそのうち一人を骨折で入院させてしまい、警察でサブは、あれは過剰防衛だったとさんざんしぼられる。 数日後、サブは入院した男の友人に呼びだされ、治療費50万円を要求される…。

    >続きを読む

  • 第6話

    購入する

    第6話

    • 200pt
    • 46分
    • 7日間

    誕生日にかすみ(坂口良子)に呼びだされたサブ(萩原健一)は銀のライターをプレゼントされる。 そしてかすみは、昨晩海(桃井かおり)が訪ねてきて「サブがまだかすみを忘れられないので、も

    誕生日にかすみ(坂口良子)に呼びだされたサブ(萩原健一)は銀のライターをプレゼントされる。 そしてかすみは、昨晩海(桃井かおり)が訪ねてきて「サブがまだかすみを忘れられないので、もう一度考え直してほしい。」と言ったと話す…。

    >続きを読む

  • 第7話

    購入する

    第7話

    • 200pt
    • 46分
    • 7日間

    かすみ(坂口良子)の父で渡辺組の頭・甚吉(加藤嘉)が急死した。 サブ(萩原健一)は手伝いにかけつけるが何もやることがない。 いっぽう半妻(室田日出男)は頭の急死に涙を流すどころか、

    かすみ(坂口良子)の父で渡辺組の頭・甚吉(加藤嘉)が急死した。 サブ(萩原健一)は手伝いにかけつけるが何もやることがない。 いっぽう半妻(室田日出男)は頭の急死に涙を流すどころか、はしゃいでいる自分に気づき、猛烈な自己嫌悪におそわれていた…。

    >続きを読む

  • 第8話

    購入する

    第8話

    • 200pt
    • 45分
    • 7日間

    サブ(萩原健一)の働く料亭「川波」では仲居のおさき(緋田多景子)派とふさこ(今井和子)派が激しく対立していた。 サブは女将のかや(八千草薫)から海(桃井かおり)に店を手伝ってもらえ

    サブ(萩原健一)の働く料亭「川波」では仲居のおさき(緋田多景子)派とふさこ(今井和子)派が激しく対立していた。 サブは女将のかや(八千草薫)から海(桃井かおり)に店を手伝ってもらえないか、と頼まれる。 仲居達の内ゲバを人数を増やすことで解決しようとしているのだ…。

    >続きを読む

  • 第9話

    購入する

    第9話

    • 200pt
    • 44分
    • 7日間

    サブ(萩原健一)の兄・オサム(寺田農)が突然上京し、サブに母・益代(田中絹代)を引き取って欲しいと頼む。 サブは母をたらい回しにしている兄たちに怒りを感じてオサムを殴る。 だが後で

    サブ(萩原健一)の兄・オサム(寺田農)が突然上京し、サブに母・益代(田中絹代)を引き取って欲しいと頼む。 サブは母をたらい回しにしている兄たちに怒りを感じてオサムを殴る。 だが後で、入院している母の面倒を兄嫁たちがみていることを知ったサブはショックを受ける…。

    >続きを読む

  • 第10話

    購入する

    第10話

    • 200pt
    • 46分
    • 7日間

    「川波」にヤクザ風の客がやって来た。 客は、秀次(梅宮辰夫)のかつての知り合いで川島(大木実)という。 何日か前に、ヤクザに絡まれたサブ(萩原健一)を助けるため、秀次は川島の名前を

    「川波」にヤクザ風の客がやって来た。 客は、秀次(梅宮辰夫)のかつての知り合いで川島(大木実)という。 何日か前に、ヤクザに絡まれたサブ(萩原健一)を助けるため、秀次は川島の名前を出してその場を収めていたのだった…。

    >続きを読む

  • 第11話

    購入する

    第11話

    • 200pt
    • 45分
    • 7日間

    政吉(小松政夫)の提案で、サブ(萩原健一)や利夫(川谷拓三)たちは気の合った者同志でクリスマスパーティーを開くことにし、冬子(木之内みどり)や海(桃井かおり)に声をかける。一方、修

    政吉(小松政夫)の提案で、サブ(萩原健一)や利夫(川谷拓三)たちは気の合った者同志でクリスマスパーティーを開くことにし、冬子(木之内みどり)や海(桃井かおり)に声をかける。一方、修(志賀勝)や女将のかや(八千草薫)はまた別のパーティーを企画し、当日を迎えるのだが…。

    >続きを読む

  • 第12話

    購入する

    第12話

    • 200pt
    • 46分
    • 7日間

    かや(八千草薫)の紹介で海(桃井かおり)が見合いをすることになった。 海は初めての「お見合い」に大喜び。 しかし見合いの相手は、かやが夢中の松岡の弟子で、どうやらこの話は、かやが松

    かや(八千草薫)の紹介で海(桃井かおり)が見合いをすることになった。 海は初めての「お見合い」に大喜び。 しかし見合いの相手は、かやが夢中の松岡の弟子で、どうやらこの話は、かやが松岡に会うための口実らしい…。

    >続きを読む

  • 第13話

    購入する

    第13話

    • 200pt
    • 45分
    • 7日間

    「川波」のお手伝いのおばさんが脳溢血で倒れた。 サブ(萩原健一)がテレビ局に勤める息子に連絡をとると、番組の都合で夜まで来られないと言う。 強引に連れて来ようと局に出向いたサブは、

    「川波」のお手伝いのおばさんが脳溢血で倒れた。 サブ(萩原健一)がテレビ局に勤める息子に連絡をとると、番組の都合で夜まで来られないと言う。 強引に連れて来ようと局に出向いたサブは、意外にも半妻の母・とめ(岡嶋艶子)がテレビ局で掃除婦として働いているのを目撃する…。

    >続きを読む

  • 第14話

    購入する

    第14話

    • 200pt
    • 44分
    • 7日間

    倒産寸前という噂がある渡辺土木の専務から、娘の婚約祝いをしたいと席の予約が入った。 店の従業員は反対するが、女将のかや(八千草薫)は、世話になったお客様に不人情は出来ないと、予約を

    倒産寸前という噂がある渡辺土木の専務から、娘の婚約祝いをしたいと席の予約が入った。 店の従業員は反対するが、女将のかや(八千草薫)は、世話になったお客様に不人情は出来ないと、予約を引き受けるが…。

    >続きを読む

  • 第15話

    購入する

    第15話

    • 200pt
    • 44分
    • 7日間

    サブ(萩原健一)はテレビ局に勤める友人・加藤から利夫(川谷拓三)ら木遣りの出来る職人たちに四月から始まる新番組のドラマに出演してもらえないか、と頼まれる。 話を聞いた利夫は中学時代

    サブ(萩原健一)はテレビ局に勤める友人・加藤から利夫(川谷拓三)ら木遣りの出来る職人たちに四月から始まる新番組のドラマに出演してもらえないか、と頼まれる。 話を聞いた利夫は中学時代に演劇部だったことから大はりきり。 ところが翌日、半妻(室田日出男)が激怒してやって来た…。

    >続きを読む

  • 第16話

    購入する

    第16話

    • 200pt
    • 46分
    • 7日間

    高校時代につきあっていた鈴木春子ことタヌコ(風吹ジュン)から十年振りにデートを申し込まれたサブは、二つ返事でOKする。 そしてサブは、同じ日に強制的に約束させられていた冬子(木之内

    高校時代につきあっていた鈴木春子ことタヌコ(風吹ジュン)から十年振りにデートを申し込まれたサブは、二つ返事でOKする。 そしてサブは、同じ日に強制的に約束させられていた冬子(木之内みどり)とのデートを仮病を使ってすっぽかすのだが…。

    >続きを読む

  • 第17話

    購入する

    第17話

    • 200pt
    • 46分
    • 7日間

    政吉(小松政夫)について河岸に行ったサブ(萩原健一)は、政吉から仕入れの割戻しだという金を渡され、後ろめたい気分を味わう。 また、料亭「分田上」時代にサブの下で働いていた正(小原秀

    政吉(小松政夫)について河岸に行ったサブ(萩原健一)は、政吉から仕入れの割戻しだという金を渡され、後ろめたい気分を味わう。 また、料亭「分田上」時代にサブの下で働いていた正(小原秀明)が、今ではサブより高い給料を取っていると聞きショックを受ける…。

    >続きを読む

  • 第18話

    購入する

    第18話

    • 200pt
    • 46分
    • 7日間

    政吉(小松政夫)から今より三倍近い給料が取れるという店に誘われているサブ(萩原健一)は、日曜にその店に手伝いに行くことになった。 どうやらこれは一種の試験だと政吉は言う。 その夜、

    政吉(小松政夫)から今より三倍近い給料が取れるという店に誘われているサブ(萩原健一)は、日曜にその店に手伝いに行くことになった。 どうやらこれは一種の試験だと政吉は言う。 その夜、高校時代の同窓会に欠席したタヌコ(風吹ジュン)のアパートを訪れたサブは、彼女がベッドで苦しんでいるのをみつける…。

    >続きを読む

  • 第19話

    購入する

    第19話

    • 200pt
    • 46分
    • 7日間

    サブ(萩原健一)の引き抜きの件を知った、かつての雇い主である「分田上」の女将・ぎん(北林谷栄)に呼び出されたサブは、世話になった秀次(梅宮辰夫)に一言もいわないのは、裏切り行為だと

    サブ(萩原健一)の引き抜きの件を知った、かつての雇い主である「分田上」の女将・ぎん(北林谷栄)に呼び出されたサブは、世話になった秀次(梅宮辰夫)に一言もいわないのは、裏切り行為だと叱咤される。 翌日、意を決したサブは秀次に事情を説明するが…。

    >続きを読む

  • 第20話

    購入する

    第20話

    • 200pt
    • 46分
    • 7日間

    半妻(室田日出男)たちが出演することになったテレビドラマの宣伝撮影で不動を訪れたスター・大原麗子(本人)が「川波」に立ち寄った。 大原麗子と並んでスチール写真に収まった半妻はコチコ

    半妻(室田日出男)たちが出演することになったテレビドラマの宣伝撮影で不動を訪れたスター・大原麗子(本人)が「川波」に立ち寄った。 大原麗子と並んでスチール写真に収まった半妻はコチコチに緊張し、彼女の帰った後、その反動で酒を飲んで大暴れするのだった…。

    >続きを読む

  • 第21話

    購入する

    第21話

    • 200pt
    • 46分
    • 7日間

    海(桃井かおり)がガス自殺をはかった。 原因は惚れている力(渡瀬恒彦)に同棲中の女がいたことらしい。 病院に付き添っていたサブ(萩原健一)は、医師から海が妊娠していて、母体が助かっ

    海(桃井かおり)がガス自殺をはかった。 原因は惚れている力(渡瀬恒彦)に同棲中の女がいたことらしい。 病院に付き添っていたサブ(萩原健一)は、医師から海が妊娠していて、母体が助かったとしてもお腹の子は無理と告げられる…。

    >続きを読む

  • 第22話

    購入する

    第22話

    • 200pt
    • 46分
    • 7日間

    海(桃井かおり)は順調に回復するが、病院内では素行不良の問題児で、サブ(萩原健一)は何度も仕事中に医者に呼び出されたりと、散々な目に遭う。 一方、婚約者のいるアメリカに行くことにな

    海(桃井かおり)は順調に回復するが、病院内では素行不良の問題児で、サブ(萩原健一)は何度も仕事中に医者に呼び出されたりと、散々な目に遭う。 一方、婚約者のいるアメリカに行くことになったかすみ(坂口良子)は、サブと半妻(室田日出男)を招待してお別れパーティーを開くが…。

    >続きを読む

  • 第23話

    購入する

    第23話

    • 200pt
    • 46分
    • 7日間

    母・益代(田中絹代)が突然の死をとげ、葬式は故郷の蔵王で行われた。 益代の遺言には、葬儀はごく質素なものにし、どうしても必要なら料理はサブ(萩原健一)にやらせなさいと書かれていた。

    母・益代(田中絹代)が突然の死をとげ、葬式は故郷の蔵王で行われた。 益代の遺言には、葬儀はごく質素なものにし、どうしても必要なら料理はサブ(萩原健一)にやらせなさいと書かれていた。 そして、母の通夜の席でサブは初めて花板の仕事をするのだった…。

    >続きを読む

  • 第24話(最終話)

    購入する

    第24話(最終話)

    • 200pt
    • 45分
    • 7日間

    サブ(萩原健一)は秀次(梅宮辰夫)のすすめに従って、仙台の新しい料亭に移ることになった。 「川波」にはサブの後釜として板前見習の大山夕介(岩城晃一)が早くもやって来た。 サブは複雑

    サブ(萩原健一)は秀次(梅宮辰夫)のすすめに従って、仙台の新しい料亭に移ることになった。 「川波」にはサブの後釜として板前見習の大山夕介(岩城晃一)が早くもやって来た。 サブは複雑な思いの中、様々の思い出の詰まった深川を後にするのだった…。

    >続きを読む